FIRE #3 火の子 hi no ko

角が落ち、丸みを帯びて少し小さくなった黒い“木炭”を眺めていると、消えてしまった“火のかたち”がほんの少し想像できた。その炭を型に、張り子の手法で薄い和紙を何層も重ね、最後に炭だけを抜き取ると新しいかたちが見えてきた。太古から変わらない“火のかたち”を探っていく。

image_sumi_5

image_sumi_6

image_sumi_1

image_sumi_2

image_sumi_3

image_sumi_4

Print

_A3A1083

_A3A1087

_A3A1102

_A3A1103

_A3A1151

_A3A1149

_A3A1143

_A3A1139

_A3A1134

_A3A1130

_A3A5721